2013年3月27日水曜日

色々と言われているけど



いつもピーナッツをもらいに、特に冬場はエサ探すのめんどくせーし的な態度で
自分がここにいるよアピールを絶やさない、今年は早めにメスをゲットしてリア鳥驀進中の
イソヒヨドリさん(オス)

さすがに今日は鳥界でも寒いようで、片足を毛の中に収納して方足立ち。

↓ただの何でもない写真ですが、望遠テストと癖をつかむべく色々と検証中。
片ボケなのか、ピンがシビアなのかでメーカーに出すかもしれないテストも兼ねて。
シグマのレンズは、中心部は凄い良いんだけど、周辺がダメで、周辺が流れてしまうのは
しょうがないんだけど、片側だけ顕著にボケたり流れたりする。
このレンズはフルサイズのレンズなので、APS-CであるSD1で片ボケであります。だと
ちょっとマズイ。
一応、中央のピンと上下左右周辺のボケ方を見て、中央をちょっとずらしたりすると
そこそこいける場合もあるので、もうちょっと使ってみてどうするかやってみる。




んで、以前の職場がフィーバー中っぽくて、某掲示板でもフィーバーしているんだけど、
みんな社長を叩き過ぎと思う。

面識が多少でもあるから、身内びいき(もう身内じゃないけどね)的になってしまうかも
だけど、感情論の前に、事実を書いておく。

ゲームが嫌い、知らないと言われてるけど大間違い。
自社のゲームはおろか、他社のゲームもちゃんと楽しんでやっている。
自社ゲームなんか、アイテムとかパーツ等組み合わせる系のタイトルで、自分でエクセル組んで
何がベストなのかやっている。
また、マスターアップちょい前のちょっとバグあるかもバージョンを余計に焼いて社長に届けた
というエピソードもある位。(早くやりたいから)

業界を知らない、ゲームを知らないって部分は考え方が色々あるけれど、正直、開発者に
タイトルにかなり我慢強く待ってくれていた社長だと思う。

ここからは憶測なんだけど、やっぱ開発畑出身でもないし、違う業種で途中から入ってきた
経緯もあるから開発側に対して遠慮しすぎたかもしれない。
一応、過去のピコピコ伝説のプロデュサーやディレクターも”まだ”在籍している訳で、
そういうゴッド扱いを社員からされている(かもしれない)人たちに厳しい選択を迫るって、
一歩間違えると自分が総スカンとか、逆に上手く回らないとかそんな可能性もある訳で
ちょっと難しい立場だったかもね。

開発社員との距離を縮めるべく、飲みでも社内ブログでも色々と良くやっていたとは思う。
色々とイケてない状況になってしまった責任を取る立場にあるから、こうなってしまったのは
しょうがないけど、彼が辞めたから事態が好転すると思ったら大間違いだと。
(結果論抜きで)

んじゃ何が問題かとかは自分なりの分析と実例が沢山あって(笑)なんだけど、書いても
しょうがないし、書く時はタイミングを見計らって。

まぁ、これからもっと大変だなぁ~って他人ごとだから思う訳で。
自分だって大変だし。
コメントを投稿