2013年3月8日金曜日

パンの搬入

そういえばなんだけど、病院の日って買い出しの日でもあって、冷凍食品とか
まぁ、そういう手合いの物を買うのもあるんだけど、そんな徘徊ルートの中に
とあるドラッグストアも含まれてて、当たり前のようにそこに行って買い物してたんだけど、
ちょうどレジの時にアダナスのパンの搬入をやってて、みやこ学園のスタッフが
先陣を切って運んでたんだよね。
見た目、あっ!って分かってしまうんだけど、なんか自分には誇らしげというか
それしか見てない集中力というか、要するに一生懸命にも見えてしまって、そういう姿勢もあってあのパンは美味いんだろうな、と。

って綴ると、協力して買っちゃお〜なんていう方向に行きがちじゃないの。

一応アダナスのパンを全コンプ(したと思っている)の立場から言えば、安い無責任な同情とかでなく、ちょっと他のパンよりもお値段が高めだけど、目の前にあるとついつい買ってしまう、そんな品質を誇るパンなので、ああいう姿を見て、買ってあげようとかの上から目線じゃなくて、美味しいから買うっていう至極シンプルな理由をあえて再確認出来た次第。

って帰りのフェリー待ちなんで、長々と。

そして食パンが一番うまい。

コメントを投稿