2012年1月21日土曜日

喉がつかえる

朝ごはんはこれに先日の残りの菓子パン。
物が食べられる食べられないの境は食べ物の匂いをどう感じるか?
で、それは大丈夫そう。
食事を元に戻したら、朝食はパンにしてもらおうかな。
気分的なのもあるし。

放射線治療の自覚的な副作用の症状は喉がつかえること。
物を食べてない時は、ゲップが喉でつっかえて止まってる感じ。
食べてる時は、ちょい飲み込みにくい。
常時じゃないけれど、慣れないと結構不快。
今朝は結構強かったかな。

昨夜、廊下で看護師さんとバッタリ合う感じで(当たり前だけど)、
点滴用のラインどうする?
取っちゃう取っちゃう。
って事で、速攻取ってもらった。
点滴やらんでも残してたのは、結局ご飯食べれないじゃん。
じゃぁ点滴ね…用に。

針と管は腕に刺さりっぱで、丸めて腕にテープで固定
されているものの、何かと気を遣うのですっごく邪魔で、
こっちから申し出ようか迷っていたのだ。
針を抜く瞬間、ふつうの注射針でなく、柔らかいチューブが
ニュルルっと出てきて、え?こんな長いのはいってたの?
って視覚的にインパクトあって、結構おもろい。
長いし。

コメントを投稿